小説

夜のこと

pha

元「日本一有名なニート」と呼ばれながら自由気ままに生きてきた著者の、これまでの恋愛や性についての体験や思いを綴った短編集。

小説として特に大きな動きがあるわけでは無いのだけど主人公の内省的な心の動きや、女性との会話などと、雨や夜のシーンの静けさが呼応するようだった。読んでいて著者特有のダウナーな心地よさが得られる一冊。

スキカモ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です